福岡県 福岡市 離婚協議書を公正証書で作成 養育費・財産分与・慰謝料・年金分割・親権・子供との面接など離婚条件を公正証書で作成。福岡県福岡市の行政書士平塚事務所が離婚協議書・公正証書作成をサポート・支援します。
離婚協議書作成支援室
行政書士平塚事務所の総合ホームページ  行政書士平塚のブログ   事務所までの地図 

お問い合わせ・お申し込み   お問い合わせは無料です。  電話:092(737)8830

事務所での面談相談のお申し込み  30分:3000円     事務所までの地図

無料メール相談    回答の返信は48時間以内が目安です。

 |トップページお問い合わせ・お申し込みお客様の声料金について事務所案内提携の専門家 |

離婚協議書について

協議離婚とは

離婚前に決めるべきこと

離婚協議書を公正証書で作成するメリット

養育費について

慰謝料について

財産分与について

 
強制執行とは

強制執行手続きの流れ
・公証役場での手続き
・裁判所への申立
・費用(公証役場及び裁判所)

 
年金分割について
 
離婚時の年金分割の合意書

年金分割手続きについて


離婚届について
 
離婚届の書き方

離婚届を出すときの4つのポイント

離婚の際に称していた氏を称する届

母親と子供を同じ戸籍にする方法

離婚成立後の届出について
 
離婚後の各種申請手続き

離婚後の役所手続き

私文書の認証について
 
私文書の認証とは
・認証の効力
・対象となる文書
・手数料

私文書認証の活用ケース

業務の流れについて
 
業務の流れについて
・公正証書
・私文書の認証
・一般の離婚協議書


依頼するメリット
 
当事務所に依頼するメリット


提携している専門家
 
提携している専門家

ご準備いただくもの
 
ご準備いただくもの

料金について
 
料金について
・公正証書原案の作成
・公正証書の作成
・私文書の認証
・一般の離婚協議書


公証役場の手数料について


<財産分与について>

財産分与とは、夫婦が結婚生活を送っている間に協力して作った財産を夫婦で分けることをいいます。

財産分与は、夫婦が婚姻期間中に協力して作った財産を分けるものですので、慰謝料とは異なり、自分が離婚原因を作ったどうかにかかわりなく請求できるものです。つまり、不貞をして離婚になった場合、不貞をした側からでも、財産分与の請求はできます。


■財産分与の要素

①清算的財産分与
夫婦で協力して形成した財産を分与するという意味合いのもので財産分与の基本とります。

②扶養的財産分与
夫婦の一方が離婚後生活できないほど過酷な状況におかれないように期間を定めて援助するという形のものです。

③慰謝料的財産分与
財産分与ではあるけれども、慰謝料的な性格があるものです。


■分与の対象となる財産の種類■
 
原則として結婚後に得たものすべてが対象です。

◆家や土地などの不動産

◆預貯金

◆株券などの有価証券・ゴルフ会員権

◆自動車

◆退職金・年金

ケースによって異なりますが、退職時期がほぼ確実に予想できる熟年離婚の場合には、財産分与の対象とされることが多いです。
年金も熟年離婚では財産分与の対象とされるケースがあります。

厚生年金は、夫婦が離婚の際、年金分割に合意していれば、2007年4月から夫婦が分割して年金を受給できます。2008年4月以降は、離婚状態にあると認められれば、妻からの請求に基づき、2分の1を受給できるようになります。


◆生命保険

満期が到来している生命保険でこれから支払われるまたはすでに支払われた保険金は、夫婦の婚姻生活に形成された財産であると認められる限り、名義がどちらのものであろうとも財産分与の対象となります。

◆住宅ローンなどのマイナス財産である債務



ただし、結婚前からの財産(独身時代の預金)や結婚後に自分の名義で得た財産(親から相続した遺産など)、別居後に各人が築いた財産などは分与の対象ではありません。



■どのように財産を分けるか

通常の財産の清算としての財産分与の場合、夫と妻がどのような働きをしていても、分与の割合の基本は各2分の1です。

しかし、どんな場合でも2分の1というわけではありません。仮に一方はまじめに働いているのに、もう一方は浪費を繰り返していたなどの明らかに財産の形成への貢献度が異なる場合には、貢献度なりの割合となります。また、ケースによっては慰謝料的な要素が考慮され、分与の割合が異なってくることがあります。



無料相談、お問い合わせ・お申込みはお電話や下記のフォームからお願い致します。

電話:092(737)8830   事務所までの地図

お問い合わせ・お申し込み   お問い合わせは無料です。 

事務所での面談相談のお申し込み  30分:3000円

無料メール相談    回答の返信は48時間以内が目安です。



当事務所運営サイト行政書士平塚事務所の総合ホームページ

【会社・ビジネス】
○株式会社設立 ○合同会社設立 ○会社変更手続き ○電子定款作成 ○定款変更・議事録作成

○事業資金調達 ○事業計画書作成 ○ビジネス契約書作成

【許認可】
○建設業許可 ○風俗営業許可 ○平面図作成 ○登記されていないことの証明書取得

【遺産相続・遺言】
○遺産相続手続 ○遺産分割協議書作成 ○公正証書遺言作成 ○自筆(手書き)遺言書作成

○遺言執行手続きサポート ○郵便貯金相続手続 ○相続財産目録作成 ○戸籍謄本取寄

【公正証書・離婚】
○公正証書作成  ○離婚協議書作成  ○金銭消費貸借契約書作成 

【示談・内容証明書】
○示談書・合意書・和解契約書作成  ○内容証明書作成

 〒810-0073
行政書士平塚事務所
代表 平塚桂太(ひらつかけいた)
営業時間:10時~17時<月~土曜日>日、祝日休み
電話:092-737-8830 FAX:092-737-8890
福岡県行政書士会所属
行政書士登録番号:第06400693号
E-mail:info@hiratsuka-office.com
CopyRight(C)2016行政書士平塚事務所 All Right Reserved