福岡県 福岡市 離婚協議書を公正証書で作成 養育費・財産分与・慰謝料・年金分割・親権・子供との面接など離婚条件を公正証書で作成。福岡県福岡市の行政書士平塚事務所が離婚協議書・公正証書作成をサポート・支援します。
離婚協議書作成支援室
 行政書士平塚事務所の総合ホームページ  行政書士平塚のブログ   事務所までの地図

お問い合わせ・お申し込み   お問い合わせは無料です。  電話:092(737)8830

事務所での面談相談のお申し込み  30分:3000円     事務所までの地図

無料メール相談    回答の返信は48時間以内が目安です。

 |トップページお問い合わせ・お申し込みお客様の声料金について事務所案内提携の専門家 |

離婚協議書について

協議離婚とは

離婚前に決めるべきこと

離婚協議書を公正証書で作成するメリット

養育費について

慰謝料について

財産分与について

 
強制執行とは

強制執行手続きの流れ
・公証役場での手続き
・裁判所への申立
・費用(公証役場及び裁判所)

年金分割について
 
離婚時の年金分割の合意書

年金分割手続きについて


離婚届について
 
離婚届の書き方

離婚届を出すときの4つのポイント

離婚の際に称していた氏を称する届

母親と子供を同じ戸籍にする方法

離婚成立後の届出について
 
離婚後の各種申請手続き

離婚後の役所手続き

私文書の認証について
 
私文書の認証とは
・認証の効力
・対象となる文書
・手数料

私文書認証の活用ケース

業務の流れについて
 
業務の流れについて
・公正証書
・私文書の認証
・一般の離婚協議書


依頼するメリット
 
当事務所に依頼するメリット


提携している専門家
 
提携している専門家

ご準備いただくもの
 
ご準備いただくもの

料金について
 
料金について
・公正証書原案の作成
・公正証書の作成
・私文書の認証
・一般の離婚協議書


公証役場の手数料について


お問い合わせ・お申し込み
 
お問い合わせ・お申し込み

事務所での面談相談

無料メール相談


行政書士平塚事務所について
 
(当事務所のホームページ)

行政書士平塚事務所の総合ホームページ

公正証書作成

示談書作成

内容証明書作成

事務所案内

平塚事務所のサイトマップ

特定商取引法に基づく表示
 ・免責事項・プライバシー

<離婚届の書き方>

◆準備するもの

必ず戸籍謄本を目の前に置きながら書き始めましょう。

◆氏名

離婚前の氏名を記入します。(現在の氏名)
戸籍に記載されている氏名を正しく記入してください。(漢字に注意)

生年月日の欄は西暦で記入しないこと
必ず漢字で昭和なら「昭和」と大正なら「大正」と記入しましょう。

S○○年とかT○○年は駄目です。

◆住所

現在、住所登録している住所(住民票のあるところ)を記載します。

◆本籍

離婚前の夫婦の戸籍謄本通りに記入します。
筆頭者の氏名は戸籍謄本の一番最初に出てくる人の名前を記入します。

◆父母の氏名

自分達それぞれの父母の氏名を記入します。
ご両親がお亡くなりになられていても記入してください。
ご両親が婚姻中なら、母の氏は記入する必要はありません。

続き柄(長男・二男・三男・長女・二女・三女)の欄に関しては、戸籍謄本に記載されている通りに記入してください。

◆離婚の種類

離婚の種類にチェック()を記入します。

裁判所を利用して離婚をした場合、日付欄には裁判所からの判決書(審判書)に記載されている日付を記入してください。

◆婚姻前の氏に戻る者の戸籍

戸籍の筆頭者でない者について記入します。

元の戸籍に戻るか、本人だけで新しく戸籍を作るか選択してください。原則、離婚届を出すということは婚姻前の氏に戻るということになります。

元の戸籍がすでに除籍になっている場合は、元に戻れる氏が存在しませんので、一人で新しい戸籍を作ることになります。

◆未成年の子の氏名

未成年の子がいる場合は、夫もしくは妻のいずれかが親権者になります。

◆同居の期間

夫婦の同居期間を記入してください。

◆別居する前の住所

現在別居中の場合、別居する前の同居していた住所を記入してください。(別居していないなら空欄で結構です)

◆別居する前の世帯の主な仕事と夫妻の職業

当てはまる欄にチェック()して下さい。

◆その他

追記することが特にあれば記入してください。何もなければ空欄で結構です。

◆届出人 署名押印

協議離婚の際は夫・妻それぞれが署名し押印してください。
*必ず自著(婚姻中の氏で)
*印鑑は認印で結構です。

◆証人

協議離婚の場合のみ、証人が必要になります。
証人となれる条件は満20歳以上の成人です。
必ず証人本人に自筆で記入してもらってください。
外国人の方でも結構です。
印鑑も必ず忘れずに本人に押してもらいましょう。
自分達で証人に成りすまし、証人の欄に記入・押印することは絶対に駄目です。


無料相談、お問い合わせ・お申込みはお電話や下記のフォームからお願い致します。

電話:092(737)8830   事務所までの地図

お問い合わせ・お申し込み   お問い合わせは無料です。 

事務所での面談相談のお申し込み  30分:3000円

無料メール相談    回答の返信は48時間以内が目安です。




当事務所運営サイト行政書士平塚事務所の総合ホームページ

【会社・ビジネス】
○株式会社設立 ○合同会社設立 ○会社変更手続き ○電子定款作成 ○定款変更・議事録作成

○事業資金調達 ○事業計画書作成 ○ビジネス契約書作成

【許認可】
○建設業許可 ○風俗営業許可 ○平面図作成 ○登記されていないことの証明書取得

【遺産相続・遺言】
○遺産相続手続 ○遺産分割協議書作成 ○公正証書遺言作成 ○自筆(手書き)遺言書作成

○遺言執行手続きサポート ○郵便貯金相続手続 ○相続財産目録作成 ○戸籍謄本取寄

【公正証書・離婚】
○公正証書作成  ○離婚協議書作成  ○金銭消費貸借契約書作成 

【示談・内容証明書】
○示談書・合意書・和解契約書作成  ○内容証明書作成

 〒810-0073
行政書士平塚事務所
代表 平塚桂太(ひらつかけいた)
営業時間:10時~17時<月~土曜日>日、祝日休み
電話:092-737-8830 FAX:092-737-8890
福岡県行政書士会所属
行政書士登録番号:第06400693号
E-mail:info@hiratsuka-office.com
CopyRight(C)2016行政書士平塚事務所 All Right Reserved